こんにちは。

昨日は『ベイマックス(原題:Big Hero 6)』のスペシャルプレビューに千葉県浦安市舞浜のイクスピアリに行って参りました。全米公開と同日の上映となるアナ雪の時にもあった試写会です。

同時上映の短編『愛犬とごちそう(原題:Feast)』も無事に見ることができ、何よりな試写会でした。短編の方は、これぞわんこの物語、という感じで、言ってみれば色んな意味で『紙ひこうき(原題:Paperman)』に通じる作品でした。真似して犬に色々あげちゃう子供だけは出ないと良いですが(笑)



さて、そんな試写会終わってやっぱり聞いた「ピクサーは面白いな!」という感想。この記事のタイトル通りにピクサー・アニメーション・スタジオ作品ではないんですよね。ただ間違うのもわかります。ジョン・ラセターがウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるようになってから俄然垣根がわかりにくくなったんだと思います。未だにディズニーのフルCG=ピクサーというイメージは拭い切れていないんですね。

かつては確かにピクサーの顔だったジョン・ラセター氏ですが、現在はディズニー、そしてピクサー両スタジオの顔になっています。また厳密に言えばディズニー・トゥーン・スタジオの顔でもあるので、ディズニー配給のアニメーションのほとんどに関わっているのです。

ディズニー映画というお化けジャンル

一口にディズニー映画と言っても実はその範囲は大きく広がっています。映画会社はそもそも「製作」「配給」「興行」の三つの役割に分かれています。このうち「製作」と「興行」を繋ぐ「配給」という役割を担いながら、かつ「製作」部門も持っているのがウォルト・ディズニー・スタジオというお化け会社なのです。このWDS配給の映画作品が広くディズニー映画と呼ばれることになります。

では先に挙げましたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオやピクサー・アニメーション・スタジオはどこに当たるのか。それが「製作」部門です。段々とディズニー映画がどれだけ広大なジャンルかわかっていただけたかと思います。これに加えて実写映画部門もあるわけです。


全てを説明するには本当にキリが無いのですが、ディズニー配給作品で主要なものが、上記の図の青いWDSロゴの下に並んでいるスタジオ作品です。ドリームワークスの実写部門やスタジオジブリ作品など細かな物まで取り上げるとより複雑です。

今回はアニメーションに限定して分類すると主に三つの会社。
  1. ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
  2. ピクサー・アニメーション・スタジオ
  3. ディズニー・トゥーン・スタジオ
これらの会社が大まかに交代制で新作アニメーションを発表しています。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

この会社はご存知『白雪姫』から始まる伝統のディズニー長編アニメーションを中心に製作している会社。今回の『ベイマックス』はその54番目の長編アニメーション。もちろん『アナと雪の女王』から『シュガー・ラッシュ』、『塔の上のラプンツェル』、『プリンセスと魔法のキス』、『ライオン・キング』、『アラジン』、『美女と野獣』、『リトル・マーメイド』…ご覧の通りのザ・ディズニーアニメです。もちろん短編映画も数多く製作しています。ここに『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』や『トイ・ストーリー』は含まれません。

ピクサー・アニメーション・スタジオ

90年代半ばから飛ぶ鳥を落とす勢いで頭角を現したアニメーションスタジオ。『トイ・ストーリー』シリーズ、『モンスターズ・インク』シリーズ、『カーズ』シリーズ、『WALL-E』、『レミーのおいしいレストラン』、『ファインディング・ニモ』、『メリダとおそろしの森』などなど、こちらも多数長編を出しています。来年7月18日に日本公開の『インサイド・ヘッド(原題:Inside Out)』で長編15作目を数えます。これに加えてディズニー同様短編の製作も行なっているわけです。

ディズニー・トゥーン・スタジオ

こちらはディズニーやピクサー作品のスピンオフ作品や続編物を扱っているスタジオ。ラセター体制以降『プレーンズ』シリーズや『ティンカー・ベル』シリーズなどスピンオフ作品に特化している。ただアイズナー体制下で続編物を作っていた印象が強く、未だに嫌いな人も多い。

と、これら三社を厳密に見分けるには、作品冒頭でWDSロゴの後にどのスタジオのロゴが来るかで見分けられます。ただ全てにラセターが関わっている今、ディズニーやピクサー、トゥーンスタジオとあえてカテゴライズする事はあまり意味が無いのかもしれません。

ぜひ豆知識程度にでもしてください。置いておきます。