『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきた!

この映画は誰もが知るあのウォルト・ディズニーと『メリー・ポピンズ』の原作者であるP.L.トラヴァースの二人が繰り広げる、作品の映画化を巡っての人間ドラマとなっています。詳しくはオフィシャルサイトにお任せしましょう。

2013-12-15-movies_savingmrbanksposter

ウォルト・ディズニーの約束 | ディズニー映画
http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/walt

この映画を一ディズニーファンとして観るとどうだったのかを思いつく限り残しておこうと思います。

結論だけ言ったら大変面白い作品であったし、ディズニーファンでなくとも楽しめるはずです。以下まとめ。

結局誰の映画だったのか

この映画の感想を浚うと大概が邦題に関するもの。『ウォルト・ディズニーの約束』なんてタイトル付けやがって!なんてのはもう見飽きましたので、どうぞお好きにという印象ですが。確かに原題『Saving Mr. Banks』はごもっともであり、頷けます。これは原作者トラヴァースとその中に生きる父との物語であり、一見ウォルトの話と期待して行くとそれ程ウォルトというキャラクターは実は出てきません。どう考えてもトラヴァース夫人の物語です。父親の救いの物語です。そりゃ邦題に憤る人もいるだろうというのもわかります。

ただ、邦題もなかなかだな、と思う気がするのは映画の中で一つ鍵になる〈約束〉という言葉。映画を最後まで観ると、やはりこの鍵が過去に対する救いに繋がる重要なファクターとなっています。劇中多くの〈父親〉が登場しますが、その中でも象徴的なウォルト・ディズニーが入った邦題はあながち馬鹿にもできない。父親が守りきれなかった約束。約束を信じられないトラヴァース。もう一度信じてみよう、と過去を乗り越える為の大きな約束。『ウォルトディズニーの約束』。

春休み映画としても一般層にも強いインパクトを放つ必要もあったわけで、そう考えるとこれ以上の邦題は無いんじゃないかなと思うわけです。どうせタイトルの意味を掘り下げるのも我々マニアしかしないわけですから。それにこれを観て原作者のトラヴァース、延いては『メリー・ポピンズ』まで興味を持つ人が増えれば、それで良いだろうと思います。



観客を選ぶ作品か

選ぶわけではないと思います。変に知識がない方が純粋に没入していけると思いますし、これを見た後の『メリー・ポピンズ』は相当良いものになるだろうなと。ただ『アナと雪の女王』でもそうでしたが、改めてDisneyが好きで良かったなと熟実感する作品であると言えます。

長いこと愛する人に見せる別の顔と言いますか、一部の人には温かいものをくれる映画です。冒頭の言葉からして「あーズルい」と思ってしまいましたし、「Feed The Birds」や「Let's Go Fly A Kite」では泣く始末(最近やたら涙腺緩んでます、はい)。やはりあの映画や名曲達に慣れ親しんだ自分としては、それらが生まれゆく物語には感動を覚えざるを得ませんでした。もう無抵抗でした。



まぁあまりに熱狂的過ぎると粗探しに入ってしまいそうで、物事にはやはり適量があるとは思いますけどね。上手いこと裾野が広い作品になってるんじゃないかなぁという印象でした。先の項でも書いたウォルト・ディズニーという“キャラクター”が登場する貴重な映画ですから、ディズニー好きも、そうじゃない人も各々自由に楽しんでいただきたいです。


とりあえず観てください。どなたにもおススメはできます。ちなみに映画として特に面白いなぁと思ったのはウォルト・ディズニーとP.L.トラヴァースがお互いを好き勝手に呼び合いますが、両者とも映画の途中で〈別人〉を相手にしていることに気付くあたりですかね。P.L.トラヴァースがそうであるように、ウォルト・ディズニーという名前もまた、その人物とは別の何かであった、という話に繋がるのかなと。