以前も映画「カントリーベアーズ」に関しては書いたんですが。
d-postさんの「ディズニーファンもたぶん気づいていない3つのすばらしいディズニーソング」を見つけて書いていたりします。
頭の中では記事はいろいろと出来てるんだけど…でも書かなきゃ記事にはならない。
というのは案外自分だけではないのかも知れません。

で、一曲だけ気づいていたというだけで乗っかって別の曲を取り上げます。確かに「Straight to the Heart」も良い曲なんですが、青空に似合う曲ということで「Let it Ride」の方をここではご紹介。ギターの清々しい音色から始まるこの曲は、そこに合流していくJohn Hiattの年季の入った声がまた心地よく、実に雰囲気の良い音楽を作りあげています。バンドの持つ本来の良さというものを感じさせるような印象ですかね。あまりこういう曲は聴かれない世代にいる自分ですが、映画を観て以来どっぷり浸かってますね。晴れた暖かい日に外で聞いてると本当に♪Let it Ride〜と口ずさみたくなります(笑

リンク先のd-postさんでもおっしゃられていますが、この映画って地味な結果に終わってはいますが、それなりの評価はあげてもいいと思うんですよね。少なくとも音楽に関して言えば。

あと青空の下で聴きたい曲としては「Kick It into the Gear」とインストですが「Bearly Home」を推しておきます。前者はJennifer Paigeが歌うポップチューン。ついつい踊りたくなるようなメロディーになってます。後者はのんびりと昼寝でもしながら聴きたい感じの優しい曲です。どちらもなかなかなので一度聴いていただきたいもの。

しかし好きな音楽と言うのはどうしても絞れないものでこうやってブログの記事にしていくと恐らくつきないでしょうね。
iPodのトップレートも日に日に増えてます。

カントリーな熊たち 【2004/10/26】