『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』を特集。

USJ8傑作と称される程のアトラクションですが、“マジで”面白かったです。人伝に激しく酔うと聞いてただけにあんまり期待はしていませんでしたが、それを良い方向で裏切ってくれました。正直スパイダーマン越えるぐらいの満足感だったかも。

確かにこのライドはむちゃくちゃ激しいです。レイジングが「激しい」「頭ぶつける」と言われる事もありましたが、これに乗ったらそれも許せるはず。乗車中後半、さすがに軽く酔いました(苦笑)。しかしそれでも面白かった。何よりとんでもない大画面のあの迫力。フロアが段々の3つ構成でアイマックスシアター風のスクリーンが正面から頭上に広がります。アクティブな動きはリアルで、さらに映像に引き込まれる。マレフィセントドラゴンやプロメテオの如く乗り込んだライドがせり上がるのもツボでした。

映画自体好きだってのもあるんですけどね。あ、でもストーリーが妙。ドクはあれほどタイムトラベルに懲りたはずなのに、何故また大量の人々を8人乗りデロリアンに乗せるという暴挙に出るのか。その辺よくわからなかった。説明してくれる人急募。プレショーでドクが何か言ってるときもクルーのアナウンスが入るのでよく聞こえず。まぁそれでもこのライドは楽しめた!雰囲気ではスターツアーズが圧倒的だけど、こっちの方がテンションは上がります。

ただ次乗る時は2階か3階にしよう。
USJ9